SponsoredLink

ほくろ除去をするならどこで?

ほくろ除去をするなら、一体どこで行うのが一番いいのでしょうか。ほくろ除去を考えたときに、真っ先に思いつく「皮膚科」と「美容外科」とを比較してみました。


まず、皮膚科でのほくろ除去。ほくろ除去を皮膚科で行う場合は保険が適用されるため、安い費用でほくろ除去することができます。また、ほくろ除去を皮膚科で行う場合は、ほくろが悪性かどうかを判断してくれるので、安心です。


ほくろ除去の方法ですが、ほくろの種類によってはレーザーよりもメスで切開した方がいいこともあります。そうなると、皮膚の構造にも詳しい皮膚科であれば、縫合も完璧でしょうから、跡が残りにくいと考えられますね。


一方、ほくろ除去を美容外科で行う場合は、自由診療なので保険はききません。費用的には高額になってしまいます。しかし、美容外科は美しくなることを最優先とした治療を行うため、仕上がりはかなりきれいになると思われます。皮膚科などにはない最先端の機器を導入している場合も多々ありますね。


ほくろ除去を皮膚科で行うのか、美容外科で行うのか。総合的に見て、どちらもメリット・デメリットがあり、どちらがほくろ除去するのに適しているとは一概には言えません。何より大切なのは、ほくろ除去について相談した際、親身になって相談に乗ってくれ、説明をきちんとしてくれるかどうか、という点なのかもしれませんね。

ほくろ除去をレーザーでやるメリットとデメリット

ほくろ除去を考えている人は意外と多いような気がします。顔の目立つ部分にほくろがあると気になるし、手軽に除去できるならいいなぁと思いますよね。そこで、ほくろ除去の手段としてレーザーを選んだ場合、どんなメリット・デメリットがあるのか、調べてみました。


ほくろ除去をレーザーでやる場合のメリットは、1回の治療が短時間で終わることですね。麻酔をかける時間を含めても、わずか数分です。出血量も少なくて、入浴も翌日から可能、テープの上からだけどメイクも出来ます。忙しい現代人のほくろ除去法としては、レーザーの短時間で済むというメリットはかなり大きいと言えます。


逆にほくろ除去をレーザーでやる場合のデメリットは、2つあります。1つめは、ほくろの状態によっては、ほくろ除去を完全にするためにレーザーを何度も照射しなくてはならないという点。結果、通院期間がかなり長引いてしまうこともあるようです。


ほくろ除去をレーザーでやる場合のデメリット、2つめは、アフターケアが大変という点。消毒してテープを張り替えたり、塗り薬や飲み薬を併用することもあります。加えて、数ヶ月〜半年程度、紫外線に当たらないように配慮するなど、細かいケアが必要になってきます。


ほくろ除去が手軽にできるイメージの強いレーザーですが、やはり美しくなるというのは、そう簡単なことではないようです。ほくろ除去をレーザーでやるにしても、それなりの努力と覚悟が必要になるのかもしれませんね。

ほくろ除去はアフターケアが命

ほくろ除去はレーザーで行った場合、ものの数分で終わります。あっという間です。でも、ほくろ除去がきれいに出来るかどうかは、レーザー治療後のアフターケアにかかっています。ほくろ除去をレーザーでやっても、アフターケアをきちんとしなければ、ほくろ除去に成功したとは言えないのです。


ほくろ除去をした跡は、乾いてかさぶたになり、かさぶたが取れた後は皮膚に赤みが残ります。これを、皮膚の色と同じ色のテープを貼り保護します。ほくろ除去をした後は皮膚がとてもデリケートになっているため、テープで保護してあげないと色素沈着を起こしシミになってしまうからです。


ほくろ除去後の皮膚の赤みは、約半年も続きます。その間、紫外線対策はもちろんのこと、しっかりとアフターケアを続けていかなければなりません。ほくろ除去したのに、シミが出来たというのでは、意味がありませんからね。


ほくろ除去をレーザーでやるのは短時間で簡単そうに思えますが、ほくろ除去後のアフターケアこそが、ほくろ除去にとっては命なんだということを、しっかりと踏まえておく必要があります。アフターケアをするのは、自分自身ですからね。


ほくろ除去後のアフターケアがとても大切という観点から考えても、アフターケアについてしっかりとアドバイスしてくれる病院を選びたいものですね。